ダイエットでリバウンドしないための正しい痩せ方

ダイエット時に起こる停滞期の原因を理解して、対策を立てればリバウンドしないで済みます。身体に無理をかけてでもダイエットをした場合でも、ダイエット前の生活に戻すと、リバウンドしてしまうことがあります。ダイエットとリバウンドを繰り返していては、いつまで経ってもダイエットに成功することはできません。リバウンドしてしまう原因として、ダイエットのストレスから食べ過ぎてしまい、太ってしまうというものがあります。ストレスが大きくかかるダイエット方法を続けていても、いずれは耐えられなくなる時が来るので、ダイエット方法そのものを見直す必要があります。人間の体は、急激なダイエットをするとその変化に体を対応させようとして体質をつくりかえます。これが停滞期の原因です。ダイエットの停滞期は体が飢餓状態だと勘違いしてしまい、消費エネルギーを節約してしまうため、食事から余分にエネルギーを摂取しようとしてしまい、なかなか体重が落ちなくなってしまうものです。リバウンドの原因として、停滞期にダイエットが進まないことでモチベーションが低下し、過食やドカ食いをしてしまうことがあります。脂肪が体内に吸収されると、レプチンというホルモンが分泌されてしまい、満腹中枢を刺激して満腹感を得ることができます。ダイエット中には、脂肪の吸収が減少するため、レプチンの分泌量も減少し、空腹の一因となってしまいます。負担の大きなダイエット方法では、停滞期に耐えられなくなってしまい、ストレスによって過食してしまうケースも少なくありません。今の体重の5%が、1カ月で減らして構わない重みです。リバウンドのないダイエットをするには、時間をかけてこつこつと取り組むことがポイントです。