女性が仕事をしやすい環境を整えていくことが必要

社会に出て働く女性が多くなってはいますが、それでも女性が働きやすい社会になったとは言い難いものがあります。女性はせっかくキャリアを積んでも、結婚や出産、育児などで仕事を制限しなければいけない時があります。特に、子供を育てながら仕事を継続するのはとても困難です。配偶者の協力という意味では、昔よりもやりやすくはなっていますが、それでも女性がイニシアチブを取って子育てはするものと考えられています。経済活動をより潤いしていくためにも、女性の積極的な活用は必要になっていくことでしょう。しかし、生活の一番基本である家庭内をないがしろにしては元も子もありません。女性が社会に出て働けるように、環境整備をしっかり行うことが、社会に求められています。そのためにも、家事や育児のケアを十分に受けられるような整備が必要になってきます。会社内に保育施設が整備されているところもありますが、そこまでしている企業は少数です。女性が働ける社会をつくることは、多くの人が期待していることですが、従来どおりの育児や家事をした上で、さらに仕事というわけにはいきません。多くの女性はやることが多すぎる中、何とか時間を工面して、工夫しながら仕事をしています。女性が仕事をしやすい職場環境を整えるには、会社の理解と協力が今後は課題になっていくことでしょう。